NPO法人

全日本ウミウシ連絡協議会

日本産後鰓類データベース

 日本全域を対象に、どのウミウシが、どの季節に、どの地域で見られたかを調査し、データベース化するプロジェクトです。調査といっても短期間に単発で行う一過性の調査ではなく、会員がダイビングやスノーケリング、磯歩きで集めた情報をwebデータベースに蓄積する方法ですから、大規模で長期にわたるデータが集積できます。学名や和名などの最新情報とその典拠が明示される、学術的な価値のあるDBです。

 参加方法は簡単で、写真と撮影地・撮影日などの情報をセットにして投稿するだけ※。分類学的・生態学的に貴重、かつクオリティの高い写真は、デジタルウミウオリティの高い写真は、デジタルウミウシ図鑑<ベータ版日本のウミウシ>や、刊行予定の図鑑『日本産後鰓類大図鑑』(仮称)に採用される可能性があります。

 

※全ウ連会員でなくても投稿は可能です。ただし掲載権限のあるのは会員のみです。

※日本産後鰓類DBは2015年秋季に公開・運用開始予定です。

※公開後、本ページからリンクを張ります。

ベータ版日本のウミウシ

 デジタルウミウシ図鑑<ベータ版日本のウミウシ>はネットよりダウンロードしてお使いいただくデジタル図鑑です。バージョン1とバージョン2は理事長の個人的な仕事として展開しましたが、バージョン3以降は全ウ連のプロジェクトとして展開します。

 会員でなくても購入できます。購入費用は3,000円+税。

 以下のURL にアクセスしてください。

 

 http://www.pdfmarket.jp/shop/BookList.jsp

ネット上で。

↑バージョン2の表紙

↑内容見本。今まで知られていなかった種も多く掲載しています。掲載総数は1,000種を超えます。画層は横横1,000ピクセルありますので、拡大しても綺麗でウミウシの細部がよくわかります。